へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再発小児がんの治しています法など2ノウハウを承認―高度医療評価会議症状 病気

再発小児がんの治しています法など2ノウハウを承認―高度医療評価会議厚生労働省の「高度医療評価会議」(座長=猿田享男?慶大誉れ教授)は6月25昼間の時間の集まりで、再発小児固形がんの病人をターゲットにした塩酸ノギテカン(トポテカン)による科学療法など2ノウハウを承認した。

 新たに承認されたのは、(1)原発性ALアミロイドーシスに対するボルテゾミブ?メルファランを用いた併用療法(2)再発小児固形腫瘍に対する塩酸ノギテカン(トポテカン)を用いた化学療法―の2ノウハウ。

 (1)は原発性ALアミロイドーシスが適応症で、保険診療の適応世間医薬気品のボルテゾミブ(ヤンセンファーマ社)とメルファラン(グラクソ?ス手落ちクライン社)を併用した治しています法。同症は、全身の全ての臓器にアミロイド蛋白が沈着して機能不全に陥る難病で、確立した治しています法がなく、厚労省の特定疾患に指定されている。この治しています法では、ボルテゾミブとメルファランの併用によって、早期に血中のFLC値を下げることが可能になり、これまでの化学療法にない早い段階での効果の発現と、高い有効性が嘱望されるとともに、病勢の進行を抑えることにもつながるとみられている。

 (2)は神経芽腫や横紋筋肉腫、骨肉腫、髄芽腫などの再発小児固形がんが適応症で、適応世間薬のトポテカン(昼間の時間本化薬社)を用いた治しています法。トポテカンは、国内では小細胞肺がんに対して承認済みの医薬気品。この治しています法では、欧米では既に小児がんの標準的な抗がん剤とされているトポテカンとイホスファミドの併用レジメンによって、適応世間薬のトポテカンの臨床導入を図るとともに、早期の小児がんの再発症例に対するこれまでの治しています法では得られない有効性が期待されている。

 いずれのノウハウについても、院内の倫理審査体制や、治していますを行う際の病人への説明の在り方などをめぐって構成員から幾つかの課題が指摘され、それらをクリアすることを前提とした「条件付き」での承認となった。



? 医療機器74件の新規保険適用などを同意
? 高度医療の新規4ノウハウを同意―先進医療専門自宅会議
? 小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(上)
? 小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(下)
? 新たな腎細胞がん、多発性骨髄腫治しています薬の承認を同意―医薬気品第二部会

再発小児がんの治しています法など2ノウハウを承認―高度医療評価会議[??:内容2]

再発小児がんの治しています法など2ノウハウを承認―高度医療評価会議[??:内容3]

再発小児がんの治しています法など2ノウハウを承認―高度医療評価会議[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「肺がん」の話題 -> あすかの巣 : 弟との別れ

肺がん に関するブログ -> あすかの巣 : 弟との別れ母をあちらへ見送って3ヶ月 母と同じ病気の肺がんでした。 3年前 母と同居を始めた半年後 会社の健康診断で弟の肺がんが発覚。 「お母ちゃんが 空気感染でう...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。