へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押収薬物の処理をめぐる苦悩=医薬気品への転用を摸索―中国誌症状 病気

押収薬物の処理をめぐる苦悩=医薬気品への転用を摸索―中国誌2010年6月26昼間の時間は、国連の定める「国際薬物乱用?不正取引防止デー」。中国各地でイベントが挙行され、押収された薬物の焼却処分が行われる。しかし単入る入る焼却では汚染を生む割合もあり、行政は対処に鶏冠を悩ませている。24昼間の時間、中国新聞週刊が伝えた。

広東省広州市の黄埔税関は先だって、昨年摘発したヘロイン密輸事件の押収気品を公開した。その量はなんと1033kg。薬物密輸史上最大だという。25昼間の時間、ヘロインは焼却処分される。広州市だけではなく、同様のイベントは各地で開催される。薬物の焼却処分は政治イベント化しており、政府官僚の講演の後、市民の目の前で燃やされる。しかし一部薬気品は汚染の異常もあり、単純な焼却はできない。



薬物の処理手立てをめぐっては長年にわたり議論されてきた。汚染の異常に加え、一部専門自宅は医療用に転用する割合を摸索するべきだと提言している。中国公安部薬物禁止局の専門自宅?王剛(ワン?ガン)氏は、「中国では押収された薬物は基本的に焼却される。薬物禁止に博打ける決意を表明するものだが、環境界汚染につながる割合もある。また、希少な薬気品である薬物の焼却は浪費だとの批判もある」と説明した。

モルヒネなどの薬物は医療領域で鎮痛剤として使われている。しかし中国の使用量は昼間の時間本のわずか2分の1、米国の5分の1という低レべルにとどまっている。横流しされれば、ドラッグとして使用されるだけに国自宅が用心深い姿勢を貫いているのが要因だ。

すでに中国公安部も素振りを変えつつあり、各地方に一番駄な焼却処分をやめるよう呼びかけている。現在、イベントで燃やされている薬物の3分の2は、コピー製気品に過ぎないという。実際の薬物は厳しいな管理の上、保存する方角に変わっている。用心深い意見も多いが、押収薬物の再処理工場を造り、医薬気品として再利用する道が摸索されている。(翻経緯?編集/KT)


? 薬物中毒者121万8000人、新型ドラッグの利用者が急増―中国
? 邦人極刑異常に怒らなかった昼間の時間本人=冷静さを取り吐いた昼間関係―ドイツ紙
? <極刑>「銃殺」から「薬物」への切り替え進む、世界の7割占める―中国
? 中華圏最大「手落ち香港」で最終15人決定、“整形”“薬物”に甘~い対応?―香港
? <在昼間国人のブログ>昼間の時間本人麻薬密輸犯の極刑執行は何を物語っているのか?

押収薬物の処理をめぐる苦悩=医薬気品への転用を摸索―中国誌[??:内容2]

押収薬物の処理をめぐる苦悩=医薬気品への転用を摸索―中国誌[??:内容3]

押収薬物の処理をめぐる苦悩=医薬気品への転用を摸索―中国誌[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。