へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオ領域への参入、―沢井製薬症状 病気

バイオ領域への参入、―沢井製薬沢井製薬の澤井光郎社長は6月29昼間の時間に開いた「メディアブリーフィング」で、今後新薬の大型製気品の殆どをバイオ製気品が占めるとの視界から、「バイオ後続気品への参入は避けては通れない。多額の開発原価が掛かることから、他社との夕イアップしても当たり前、選択肢の一つだ」と述べた。

 澤井社長は、通常の後発医薬気品の開発費が1億円前後なのに対し、バイオ後続気品は50億円から100億円に上るとして、「新薬に近い分野」と指摘。また、「後発気品のシェアが高い欧米でも、バイオ後続気品が売れていないという情報があるが、昼間の時間本でどれほど浴びめてられるのか」と述べ、「出る体制をどうするかが最大のポイント」と強調した。

 その上で、「上市する時は、是非とも無手を目指してやらないといけない」と強調。また、同社の探求開発費が年間45億円とした上で、「50億円から100億円を2つも3つもできるかを考えると、何と言っても絞って慎重に対応していきたい」などと述べる一方、「バイオ後続気品については、われわれも昼間の時間本の後発気品メーカーのどこも、技術の蓄積がないので、夕イアップしてもあり得る」とした。



? 後発気品の薬価収載浴び新製気品発売―沢井3億、東和4億見込む
? 後発気品大手2社、今年度見当は2ケタ台の増収?増益
? 新たな後発気品マーケットの創造に自信―昼間の時間医工?田村友一社長
? 初の国産バイオ後続気品を新発売
? 富士フイルムが後発気品事業に本格参入―新薬開発も視野に

バイオ領域への参入、―沢井製薬[??:内容2]

バイオ領域への参入、―沢井製薬[??:内容3]

バイオ領域への参入、―沢井製薬[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。