へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚T細胞性リンパ腫治しています薬を承認申請―万有製薬症状 病気

皮膚T細胞性リンパ腫治しています薬を承認申請―万有製薬万有製薬は6月30昼間の時間、厚生労働省に皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)治しています薬ボリノスタットの承認申請を行ったと公表した。同社によると、CTCLは皮膚がんの一類で、難治性の皮膚病変が長期間持続する致死的な疾患。国内の推定有病者は1500人ほどだという。

 昼間の時間本国内では、欧米で標準的に使用されている薬剤の多くが承認されていないのが実情で、治しています法が乏しい状況だという。

 ボリノスタットは、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害薬という経口投与が可能な新しいクラスの薬剤で、以前の抗がん剤とは異入る作用機序を有する。現在、悪性胸膜中皮腫を適応症として昼間の時間本を含めた国際共同フェーズ3テストも実施されている。

 2006年に米国で承認されたのを皮切りに、世界16か国で承認されている。昨年の全世界での売上高は約16億円だった。



? ジャヌビア/グラクティブ、α‐GIとの併用で効能追加申請
? 緑内障?高眼圧症分野に配合剤が相次ぎ登場
? 肺炎球菌ワクチン「知らない」が過半数-万有製薬調査
? 統合後の万有の社名、「MSD」に
? 昨年度の医療用薬マーケットは6.3%増の8兆8968億円

皮膚T細胞性リンパ腫治しています薬を承認申請―万有製薬[??:内容2]

皮膚T細胞性リンパ腫治しています薬を承認申請―万有製薬[??:内容3]

皮膚T細胞性リンパ腫治しています薬を承認申請―万有製薬[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。