へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクジェイド、因果関係紛れもない副作用で死亡が2例症状 病気

エクジェイド、因果関係紛れもない副作用で死亡が2例ノバルティスファーマの輸血による慢性鉄過剰症治しています薬エクジェイドについて、過去約2年間(2008年6月-10年4月)に因果関係が紛れもない副作用として重篤な腎妨げ17例が報告され、うち2例で死亡していたことが、厚生労働省が6月30昼間の時間に発表した「医薬気品?医療機器等安全性情報No.270」で明らかになった。

 また、重篤肝妨げ6例、胃腸出血3例、皮膚妨げ3例も報告されているが、いずれも死亡例はない。
 同省では、6月1昼間の時間付の医薬食気品局安全対策課長通知で、添付文書の「警告」の項に投与開始前、投与中は定期的に血清トランスアミナーゼや血清クレアチニンなどの血液検査を行うよう明記することや、「禁忌」の項に高度の腎機能妨げのある病人、全身コンディションの悪い高危険骨髄異形成症候群の病人、全身コンディションの悪い進行した悪性腫瘍の病人と明記することなどを指示した。関係企業が推計したおおよその年間使用者数は09年で約2300人。

 このほか、サノフィ?アベンティスの利尿剤ラシックスなどフロセミド製剤について、過去約3年間(07年4月-10年3月)に中毒性表皮壊死融解症が2例報告されていることが分かった。死亡例はない。関係企業が推計したおおよその年間使用者数は09年で約266万人。
 同省では同じく6月1昼間の時間付で、添付文書の「副作用(深刻な副作用)」の項に中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑を追記するよう指示している。



? エクジェイドの添付文書改訂を指示
? 新規2型糖尿病治しています薬などの副作用報告を発表―厚労省
? 抗がん剤「アービタックス」で因果関係紛れもない死亡が2例
? RA治しています薬メトトレキサートで因果関係紛れもない死亡が2例
? IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を発表

エクジェイド、因果関係紛れもない副作用で死亡が2例[??:内容2]

エクジェイド、因果関係紛れもない副作用で死亡が2例[??:内容3]

エクジェイド、因果関係紛れもない副作用で死亡が2例[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。