へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一三共とランバクシー、R&D一元化:国際開発体制強化症状 病気

第一三共とランバクシー、R&D一元化:国際開発体制強化第一三共(東京都中央区)と連結坊主会社のランバクシー?ラボラトリーズ(デリー)は、第一三共グループのグローバル探求開発体制の強化の一環として、ランバクシーの新薬探求部門(NDDR)を第一三共インド(DSIN)へ譲渡したと公表した。

 第一三共はNDDRの運営に不可欠な財産をランバクシーから譲り浴び、現NDDRおよび関連部門の社員がDSINに転籍する。また、新探求センターの名称を第一三共ライフサイエンス探求センター?インド(RCI)とする。

 2008年にランバクシーが第一三共グループに加わった後、両社は探求開発領域での協業を具体的に推進してきた。RCIを第一三共グループのグローバル探求機能に組みめて、指揮系統と実行面を一元化することで、能率的な探求開発体制を構築し、早期の成果獲得を目指す。

 合成化学を中心としたRCIは、感染症領域と炎症性疾患領域における低分坊主医薬気品創出を目的とした探索探求を担当する。また、インド科学ノウハウ省科学産業探求局と夕イアップしてしている、デング熱と結核の探求開発本職グラムもRCIが実施する。(2010年7月2昼間の時間、第一三共のニュースリリースから)

07/02/2010

第一三共とランバクシー、R&D一元化:国際開発体制強化[??:内容2]

第一三共とランバクシー、R&D一元化:国際開発体制強化[??:内容3]

第一三共とランバクシー、R&D一元化:国際開発体制強化[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。