へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺のヨンハさんを追い詰めた“韓国ネチズン”症状 病気

自殺のヨンハさんを追い詰めた“韓国ネチズン”

 韓流スターのパク?ヨンハさん(32)が自殺した。韓国ドラマ「冬のソナタ」に“ヨン様”のティバル役で出演。「冬ソナブーム」に乗ってむしろ昼間の場合間本で花開いたが、「昼間の場合間本人になれ!」とのネットバッシングも。栄光の陰には表に出さなかった挫折と苦悩があった。韓国ではここ数年、芸能人の自殺が相次いでいる。極端な選択に彼らを追いやるのはいったい何か-。(桜井紀雄)

  〔フォト〕 韓国第一面女優のチェ?ジンシルさん、08年にネットの中傷を苦に自殺した

 ■「ごめん、ごめん…」 父に残した最後のつぶやき

 6月30昼間の場合間午前0場合10分ごろ、ソウル市内の自宅マンションに帰宅したパクさんは酒に酔っていた。出演が決まったドラマの打ち合わせを返事もなしにすっぽかし、昼間の場合間本人向けレストラン事業を一緒に企画していた知り合いとマネジャーの3人で飲んでいたのだ。

 律義で知られ、新ドラマに並々ならない意欲をみせていたパクさんにとって並の行動ではなかった。

 だが、末期がんに冒された父親の背中や足をさする孝行せがれとしての優しさは忘れなかった。

 「お父さんの代わりに僕がこの痛みを負わなければならないのに、ごめん、ごめん…」。こう泣きながら父親に告白すると、一人自室にこもった。

 韓国地元警察の公表や聯合ニュース、スポーツ朝鮮など韓国メディアによる自殺直前のパクさんの行動だ。

 同0場合25分ごろ、一緒に飲んでいたマネジャーに「飲酒運転はしないように」と持ち運び電話で気配りのメールを送ったが、1場合過ぎに知り合いが送ったメールには返信はなかった。

 「死にたい。はるかにつらい」。午前4場合には、バスケットボールチームの後輩に電話でこう漏らした。

 5場合半ごろ、ビデオカメラの充電用コードで首をつって死亡しているのを、同居していた母親によって発見された。

 遺書もなく、いきなりの死に「冬ソナ」で共演したペ?ヨンジュンさんやチェ?ジウさんら芸能関係者、多くの韓流ファンがショックを浴びた。

 「父親のがん闘病、事業活動、芸能活動を並行したフラストレーションによる衝動的自殺」。警察はそう結論付けた。

 ■「せがれにしたいタイプ」…つかみ取った昼間の場合間本人中高年の心

 パクさんは6月19昼間の場合間から始まった昼間の場合間本での全国ツアーの真っ最中で、一場合的な韓国帰ってきたでの自殺だった。

 《飛行場に来たことをどうして知ってこのように出てきてくださったのか。すごい、すごい~、ありがとうございます》

 直近のミニブログ「ツイッター」には飛行場で出迎えた昼間の場合間本人ファンへの感謝をこう書き込んでいた。

 「昼間の場合間本で注目されたこそブレークした。ドラマで主演に入るのも昼間の場合間本での放映を見越してのこと。そういう意風味で『あべこべ輸入型』タレントで、昼間の場合間本での人気は韓国に比べものにならない」と韓流ブームに詳しいライターの児玉愛坊主さんは指摘する。

 パクさんは「韓国歌謡第一世代」の名本職デューサーとして知られた父親の影響で1994年にデビュー。しかし、鳴かず飛ばずの場合期がしばらく許す。その彼を一挙にスターに押し上げたのが、2003年に昼間の場合間本で放送され、ブームを巻き起こした「冬のソナタ」での起用だった。

 「冬ソナ放送当場合から『ヨン様派』『ヨンハ君派』に分かれるぐらいファンがいた。低姿勢で気品があって純朴で、『自分のせがれがこんなだったらいいのに』とせがれにしたいタイプとして中高年女性の心をつかんだ」(児玉さん)

 昼間の場合間本で9枚のシングルをリリース。フジテレビドラマにも出演し、05年には韓国歌手として2人目の武道館音楽会を開催、1万人のファンが会場を埋めた。4年連続で昼間の場合間本ゴールドディスクゲランプリを受賞。6月に5枚目のアルバム「STARS」を発売したばかりで、芸能人として絶頂の最中にあるかのようだった。

 ■「チェ?ジンシルと同じ」? ネットバッシングの標的に

 「まるでチェ?ジンシルさんのよう」。パクさんの自殺を浴び、韓国メディアはこう報じた。

 チェさんは08年に39歳で自殺した韓国の大衆的人気女優だ。元巨人投手の趙成●(=王へんに民)(チョ?ソンミン)さんの元自宅内としても知られる。

 知り合いと夕食をともにした後、自宅で親とひとときを過ごし、首をつったことが共通するというのだ。土壇場になって知り合いに電話し、心理を打ち明けた点も同じだという。

 韓国では、パクさんやチェさんのようにいきなり、活躍中の芸能人が自ら命を絶つ事件が引き続いている。

 07年には、歌手のユニさん=当場合(25)=や女優、チョン?ダビンさん=同(26)=が、08年にはチェさんの後を追うようにタレントのキム?ジフさん=同(23)=ら3人が相次ぎ命を絶った。

 昨年は韓国版「花より男坊主」に出演中のチャン?ジャヨンさん=同(29)=が所属事務所から性的な接待を強要されて自殺し、韓国社会を険悪なコンディションとさせた。この後にも2人の芸能人の自殺が続いた。

 今年に入ってからもチェさんの弟で歌手のチェ?ジンヨンさん=同(39)=が姉に引き続いて命を絶つなど、パクさんを含入れ自殺者は3人目だ。

 だが、ネットでの中傷を苦にしたユニさんやチェ?ジンシルさん、キムさんの自殺と今回のパクさんの死が一概に似ているとはいえない。

 無料、パクさん自身も実はチェさんら同様に凄まじいネットバッシングにさらされていた。動機は、兵役拒絶疑念だった。

 韓国では、成人男性に兵役が課されるが、芸能人らが兵役を拒絶するために診察書偽造などを行っているとして度々強いバッシングの対象になってきた。

 パクさんは兵役延期申請を繰り返した後、07年に「角膜に問題がある」との診察書を提出して兵役を免除された。これに「診察書偽造だ」とのネットの書き込みが相次いだ。パクさんが昼間の場合間本で人気を得ていたことから「昼間の場合間本人になれ!」との心ない非難まで巻き起こった。

 そんな渦中でもパクさんは芸能活動を継続し、バッシングにさらされた彼を温かく迎え入れたのが昼間の場合間本のファンたちだった。

 ■「信じられる人いない」 昼間の場合間本での人気も陰りが…

 そんな昼間の場合間本ファンの間でも人気に陰りが見え始入れいた。

 児玉さんによると、6月19~26昼間の場合間の昼間の場合間本ツアーでファンらは「ヨンハ君」の奇妙な変化をとらえていたという。

 6月26昼間の場合間の埼玉県川口市の音楽会に、問題なハイテンションで登場したパクさんにファンらはあっけにとられる。

 「デビューして6年。昔に戻りたい」

 合間のトークで口にしたパクさんの言葉に会場はざわついた。アンコールの後には、床にひざやばいてファンへの感謝を表現した。「一度もこんなことはなかった。どうしちゃったんだろう」(女性ファン)

 これまではチケットは事前に完売し、ネットで高値で売られていたのが、今回のツアーでは、会場に空席が出ていた。ソウルで3月に行われたライブでは、昼間の場合間本からの観客が半減、会場が大学の講堂に移された。

 ツアーでの奇妙な行動は、誰よりも積極的なファンサービスを継続してきたパクさんがスターとしての“命綱”の昼間の場合間本人ファンを必死につなぎとめようとした表れだったのだろうか。

 韓国では、経営する芸能事務所内での着服事件をめぐり、長年苦楽を共にしてきた前のマネジャーとたもとを分かち、一人で会社をやりくりしなければならない事態に見舞われていた。

 「世間に信じられる人が1人もいない」。知り合いにこうも漏洩していた。

 睡眠薬を常用し、ツイッターにも《まだ寝ないで何しているの。僕はどうして眠れないの》と自問自答を書き込んでいた。

 一場合期のようにはCDも売れず、グッズ販売も低迷していた。自殺直前に話し合っていたソウルで開業しようとしていた昼間の場合間本人向けレストラン事業は、いわば起死回生を狙ったものとみられる。

 「いつまで昼間の場合間本の人気が許すか分からないという心もとないから、事業に活路を見いだそうとする韓流スターは彼に限ったことではない」(児玉さん)。だが、その一方でお金難に陥っていたとの報道もある。

 ■重なった3つの“喪失経験”

 ネットバッシングもやんだわけではなく、新たなドラマに出演するなど、パクさんのニュースが売れるたびに思いだしたかのように中傷の書き込みが再燃した。

 そんな中、降って沸いた最愛の父の末期がん宣告だった。末期がんを知ったパクさんが父親を自宅に連れてきて看病を始めたという。

 「お父さんはあまりにも苦しそう。当面は活動を書いて父のそばにいたい」。周りに再三こう口にしていたとも。

 「父親への思いなど、自宅族のきずなが強いことは並はいいことだが、“両刃の剣”で、追いつめられているときには、あべこべに苦しく入る。まじめな人はもっとで『自分が看なければいけないんだ』とさらに自分を追いつ入れいく」

 新潟青陵大学の碓井真史(まふみ)教授(社会心理学)はこう分析する。

 韓国メディアによると、知り合いの一人は「周りに迷惑をかけるのが疎ましいな根性で、苦しい心の内を世間に見せないタイプだった」と回想する。

 「まじめな努力自宅として生きていく中でちょっぴりずつ疲れがたまり、自殺の用意コンディションが高まっていると、小さな動機で自殺することがある」と碓井教授は話した上で、自殺の動機になり得る大切な人を失う「喪失経験」を挙げた。

 「マネジャーという最も信頼していた人を失い、右腕としていたお父さんが病気によって従来のようではなくなってしまうという『喪失経験』が重なった。人気の陰りというのも一類の喪失経験で、3つの喪失経験が同場合に起きた」

 ■“仮面”の下で続いたツイッターのつぶやき

 なぜ韓国芸能界に限ってこうも自殺者が相次ぐのか-。

 児玉さんは「芸能人に求められるものの大きさが昼間の場合間本と韓国では、大きく異なる」と指摘する。「韓国では、演技力も歌唱力も、学歴や体形、根性まで上手(かんぺき)でなければいけないという意識がある」

 その上で児玉さんはこれに対する芸能人の意識に接触した。「ネットなんかを見なければいいのに韓国の芸能人は自分の評価をたいそう気にする。求められている姿に自分が追いついていないと、大きな労力を抱える」

 関係者の一人はパクさんのドラマや映画での人気の低迷について「彼には作気品に対する根性があった。怖くて逃げるのではなく、ファンに認められるために当然っと頑張ろうとした」と韓国メディアの取材に語っている。

 こうした根性の上に「3つの喪失経験」が重なり、臨界点に達したのか。

 碓井教授はこう指摘する。「芸能人は常に明るく元気でかっこよくなければならず、弱さや本音を出せない。いつも仮面をかぶっていなければいけない」

 やまないネットバッシングからパクさんは個人のホームページを閉じ、ファンとの交流はもっぱらツイッターでのつぶやきだった。そこに掲載される写真は、昼間の場合間本で一人活動する姿で、《昼間の場合間本のある屋台で一人焼酎を飲むのがいい》と書き込んでいた。

 だが、そのツイッター画面のバックには書き殴ったような字体でこう記されていた。

 《人はときどき私もよく分からない私に対してあまりにも容易に話をする》

 何を訴えようとしたのか。パクさんが拠り所とし、パクさんの再来昼間の場合間を心待ちにしていた昼間の場合間本のファンにとって、永遠に尋ねられない問いとなった。


? ヨンハさん自殺、スポーツ紙が伝えないショック深層とは
? パク?ヨンハさん葬式に昼間の場合間本人殺到 主婦49歳が後追い自殺 

? 入札タテに「おねだり三昧」…汚職の特許庁官僚はロックバンドのボーカルだった
? 隣の自宅は「覚醒剤工場」だった! 嗅覚炎薬から精製したイラン人の驚愕手口 
? 街中で少女スカウト、名門大学生らのデリヘル経営の実態とは

自殺のヨンハさんを追い詰めた“韓国ネチズン”[??:内容2]

自殺のヨンハさんを追い詰めた“韓国ネチズン”[??:内容3]

自殺のヨンハさんを追い詰めた“韓国ネチズン”[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。