へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神神経疾患治しています剤マーケット、18年には3割増症状 病気

精神神経疾患治しています剤マーケット、18年には3割増富士経済は7月5昼間の時間、潜在病人がたいそう多く、要治しています病人に医療機関を受診させるチャンスを増やす取り組みが国によって進められている精神神経疾患治しています剤マーケットが、2009年の4324億円から、18年には29.3%増の5589億円にまで拡大するとの調査結果をまとめた。

 09年に同マーケットに占める比率が最も高かったのは統合失調症治しています剤で、29.6%の1280億円。18年にはこれが1870億円にまで拡大すると予測されている。これに次ぐのは、抗心もとない薬?睡眠導入剤の1051億円。睡眠妨げや心もとない妨げなどの潜在病人が多く、今後も病人数が微増すると見当しており、18年は1305億円を見込んだ。

 また、高齢化に伴い、脳疾患治しています剤マーケットは09年の1525億円から、18年は99.3%増の3040億円にまで拡大すると予測。エーザイのアルツハイマー型認知症治しています薬「アリセプト」については、後発気品や競合新薬の発売で凄まじい販促活動が見当されるとした。

 さらに、多発性硬化症治しています剤マーケットの09年は78億円。現状はインターフェロンβ(注射剤)が治しています薬の中心であるものの、田辺三菱製薬とノバルティスファーマが共同開発している経口治しています薬が、病人の身体的労力が乏しいことから、マーケットの中心に入ると予測した。厚生労働省の統計では病人数が年5%以上増えていることなどから、18年の売上高は214.1%増の245億円を見込んでいる。

 このほか、消化器官用剤マーケットの09年は6215億円。この中で最もマーケット規模が大きい上部消化管疾患治しています剤で、H2ブロッカーから本職トンポンプ阻害剤(PPI製剤)へのシフトが進みつつあり、18年は6938億円を見込んだ。

 調査は今年1月から4月にかけて実施。富士経済調査員による調査対象企業からのヒアリングと、関連する文献を基に調べた。



? 今年の生化学的検査試薬の売上高は534億円に―富士経済
? 昨年のOTCマーケット、第一種医薬気品で明暗
? 高血圧症治しています薬マーケット、18年に1兆円超え
? 培養皮膚採用率、20年には以前法をあべこべ転―富士経済
? 新型インフル特需で手指殺菌消毒剤マーケット4倍に―富士経済

精神神経疾患治しています剤マーケット、18年には3割増[??:内容2]

精神神経疾患治しています剤マーケット、18年には3割増[??:内容3]

精神神経疾患治しています剤マーケット、18年には3割増[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。