へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルワクチン生産強化で交付金―細胞培養4事業などに症状 病気

新型インフルワクチン生産強化で交付金―細胞培養4事業などに厚生労働省は7月6昼間の場合間、「新型インフルエンザワクチン開発?生産体制整備臨場合例外交付金」を、細胞培養法によるワクチンを開発する4事業などに交付すると公表した。同交付金は、現在の鶏卵培養法では1年半から2年かかる全大衆分の新型インフルエンザワクチンの生産期間を、細胞培養法での開発によって約半年に短縮することを夢としている。

 細胞培養法開発事業で交付金が支給されるは、化学及血清療法探求所(化血研)、北里探求所、武田薬気品工業、UMNファーマの4事業。厚労省では、対象は実験用の施設を整備する事業で、実際に生産する工場の整備では新たに事業を公募する計画だとしている。

 また、鶏卵培養法での生産才能の強化のため、化血研に交付金を支給する。厚労省によると、1か月当たり約250万人分の生産才能が来年度中に増強される見込みという。
 このほか、「第3世代ワクチン」の開発推進事業では、テルモの「皮内投与デバイスおよび皮内投与ワクチンの開発」事業と、阪大微生物病探求会の「経嗅覚投与式細胞培養新型インフルエンザワクチンの開発」事業を採択した。

 新型インフルエンザワクチン開発?生産体制整備事業評価委員会(座長=神谷齊?国立病院機構三重病院誉れ院長)の評価結果を浴びて、厚労省が最終的に採択した。同交付金のために厚労省は、昨年度第2次補正予算などで約1190億円を確保している。
 今後は、未承認薬等開発支援センターが事業ごとに金額を決定し、交付金を支給する。



? 第2次補正予算案を閣議決定―厚労省分は5684億円
? 新型インフルワクチン製造、6月初めにも着手―舛添厚労相
? 新型インフルワクチン開発でGSKと化血研が夕イアップして
? 新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針
? 新型インフル対策の奥の手にも―経嗅覚ワクチン

新型インフルワクチン生産強化で交付金―細胞培養4事業などに[??:内容2]

新型インフルワクチン生産強化で交付金―細胞培養4事業などに[??:内容3]

新型インフルワクチン生産強化で交付金―細胞培養4事業などに[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。