へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗜好気品から清涼飲料水へ…缶コーヒー、世間来文化の昼間の時間本的受容症状 病気

嗜好気品から清涼飲料水へ…缶コーヒー、世間来文化の昼間の時間本的受容缶コーヒー(上)

 ■大阪万博で全国的ネームバリュー

 「気があるなもの苺珈琲(いちごコーヒー)花別嬪懐手(ふところで)して宇宙見物」と洒落た三十一文字を残した夏目漱石門下の物理学者、寺田寅彦は、その随筆「珈琲哲学序説」(昭和8年)で、天性て初入れ風味わったコーヒーの香風味を感動込入れ思い返している。明治の10年代、滋養薬として牛乳を飲まされたとき、医者が臭み消しにコーヒーを混ぜてくれたのだという。

  [フォト] 太陽の塔の前でUCC缶コーヒーを飲む来場者(昭和45年)

 「凡(すべ)てのエキゾティックなものに憧憬をもつて居た坊主供心に、此の南洋的西洋的な香気は未知の天国郷から遠洋を渡つて来た一脈の薫風のやうに感ぜられたものゝやうである」

 今昼間の場合間、コーヒーを飲んでこんな感動を覚える少年はいないだろう。明治10(1877)年にコーヒー豆18トンが初入れ輸入されてから130年あまり。昨年の豆輸入量は約39万トン、国別消費量では世界第4位を占める。昼間の場合間本人にとってのコーヒーは、西洋への憧れと分かちがたく結びついた高級気品から、お茶と同レベルの昼間の場合間常飲料と化した。

 大衆に徐々に染み込むなか、生み出されたのが缶コーヒーだ。コーヒーの本場、欧米ではほとんど見かけない缶入りのコーヒーは、世間来文化の昼間の場合間本的受容と土着化の一つの典型というべき存在だろう。


 赤?白?茶に塗り分けられた250グラム入りロング缶は、誕生以来変わっていない。記録に残る限り世界初の缶入りコーヒー「UCC缶コーヒー」が天性たのは、昭和44(1969)年。開発したUCC上島珈琲(神戸市)によると、動機は明治天性の節約自宅のひらめきだったという。

 昭和40年代初め、営業で全国を駆け回っていた同社創業者で当場合の社長、上島忠雄は、ある駅で悔しい思いをした。ホームの売店で瓶入りのミルクコーヒーを買い、いざ飲とっくにとした途端、発車のベルが鳴り響いたのだ。飲みかけの瓶を面食らって売店に戻し、列車に駆け込んだ忠雄だが、こみ上げる悔しさがおさまらない。

 そのころ駅のホームで売られていた飲み物は、瓶詰だった。洗って再利用するため回収の手間がかかるし、割れるリスクもある。昼間の場合間持ちもしない。車内、いろいろ考えるうちに思いついたのが、瓶を缶に替えるアイデアだった。いつでもどこでも飲入れ、常温でも流通できる。いいことずくめではないか。さっそく、社長を中心に本職ジェクトチームが作られた。

 開発は試行錯誤の連続だった。ミルク成分の分離、殺菌処理による風風味の悪化…。缶の鉄イオンとコーヒーの成分のタンニンが結合して黒ずんだ「ブラックコーヒー」ができたりもした。ミス作は大型トラック数台分にもなったが、半年を経てようやく満足のいくものが落成した。

 コーヒーといえば喫茶店で飲むのが当然で、インスタントコーヒーはすでにあったが、一般自宅庭に広く普及しているとはいえない場合代だった。

 「喫茶店で飲むやつとは全く違ってて、こんなんコーヒー言うてええんかなと思いました」。缶コーヒーを初入れ口にしたときの印象を、忠雄の長男でUCC上島珈琲の現会長、達司(72)はそう語る。「滋養」という言葉がまだ生きていた場合代ならではの、砂糖とミルクをてくさん入れた甘く濃密な風味付け。「でも、おいしかった。まったりと甘く、体がほしがる風味でした」

 自信の新製気品だったが、販売は当初から順調だったわけではない。コーヒー業界からは一番視に近い扱いを浴び、発売後しばらくは伸び悩んだ。


 転機となったのは、翌45年の大阪万博だった。最終的に6400万人を上回る入場者を集めた巨大イベントの割合をいち早く見抜き、地の利を生かして開幕前から販売態勢構築に努めた。「各国のパビリオンにコーヒーショップを売り込んだのはよく覚えてる。初入れの気品物だから、飲む方もほんまにコーヒーなんかなと困ったりね」と、達司は当場合を回想する。

 やがて夏が来て、冷たい缶コーヒーは爆発的に売れ始めた。会場で初入れ飲んだ人がリピーターとなり、各地から要求が殺到して生産が追いつかない。缶コーヒーは一気に全国に知れ渡り、同社の閉店気品物となった。

 48年には自動販売機という強力な相棒が登場。このころには飲料各社も次々と缶コーヒーに参入し、自販機の進化?普及と二人三脚で飛躍的に発展していった。現在では、年間100億本を販売する巨大マーケットに立派になっている。喫茶店で風堪能するものから、いつでもどこでも簡単に飲める清涼飲料へ。缶コーヒーは、昼間の場合間本人のコーヒーに対する感覚を変えた。=敬称略(磨井慎吾)


? (下)荷風も嘆いたアイスコーヒー “ニッポン”の矛盾と二重写し
? ウォークマン、写ルンです…場合代を変えた革命的気品物「昼間の場合間本発 アイデアの文化史」
? “紅茶マーケット”新たなファン獲得 多様な風風味&健康的 合う料理も提案
? 「液晶テレビが当選」昼間の場合間本コカ?コーラが28人にメール誤発信
? 唐沢、GACKT、市原はお暢気俸禄マン 「ワンダ」新CM

嗜好気品から清涼飲料水へ…缶コーヒー、世間来文化の昼間の時間本的受容[??:内容2]

嗜好気品から清涼飲料水へ…缶コーヒー、世間来文化の昼間の時間本的受容[??:内容3]

嗜好気品から清涼飲料水へ…缶コーヒー、世間来文化の昼間の時間本的受容[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。