へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-自転車ロードレース選手ランディスが輸血の内幕暴露症状 病気

-自転車ロードレース選手ランディスが輸血の内幕暴露2004年のツール?ド?フランスの9昼間の時間目、ランス?アームストロング率いる米国郵政公社(USポスタル)チームは、サン?レオナール?ド?ノブラ村目と鼻の先のホテルにチェックインした。この昼間の時間は、レース中にある2昼間の時間間のオフのうちの1昼間の時間で、7月12昼間の時間のことだった。

 当時、USポスタルの最も優秀な選手の1人だったフロイド?ランディスによると、ホテルの1室が、「秘密の処置」のために準備されていた。

 部屋のドアの世間側にある廊下の両端には、チームスタッフが待機していて、誰もひょっこり入って来られないようになっていた。部屋に引かれたら話をしてはいけない、と選手は事前に言い渡された。部屋の煙探知機は取り世間され、冷暖房設備にはビニールが張られていた。隙間のついたものにはすべてテープが貼られてあった。これについてランディスは、隠しカメラによる撮影を防ぐためだろうと指摘している。

 この「処置」に参加したチームの自転車競技者は、1回に2人ずつ、ベッドに横たわった。ベッドの両端には1人ずつ医師がいた。ランディスは、自身が輸血を浴びたことを明らかにした。彼によると、アームストロングだけでなく、ほかのチームメイトのジョージ?ヒンカピーとホセ?ルイス?ルビエラの2人も輸血を浴びているところを見詰めた、という。この昼間の時間ランディスは、このほかの選手が輸血しているのを見ていない。

 この「処置」は、選手の赤血球数を増やすことでパフォーマンスを向上させるもので、同スポーツの統括団体、国際自転車競技連合(UCI)によって不正行為とみなされている。

 ランディスは、使用済みの血液バッグがその後どうなったのかは不明、としながらも、チームスタッフが小さく切り刻んでお手洗いに流していたのを何度か見かけたことがある、と述べている。

 2004年7月25昼間の時間、2000マイル(約3220キロ)以上を走破した後、USポスタルはパリのシャンゼリゼ通りに到達、ゴールした。チームのリーダー、アームストロングは、6分以上もの大差をつけ、完勝した。ツール?ド?フランス6連覇という前人未踏の記録だった。

 ランディスは、3昼間の時間に開幕した今年のツール?ド?フランスには参加しない。本職の自転車競技の世界に彼の友達はほとんどいない。彼は今年の春、彼が言うところの「自転車競技の浅ましい現実」について暴露する努力を始めた。5月のウォール?ストリート?ジャーナル(WSJ)との数時間にわたるインタビューで、ランディスは、運動才能向上薬を使い継続してきた経過を丁寧に語るとともに、アームストロングならびに他選手が自分と同じ行為を行っていたことも明らかにした。

 USポスタルの元メンパブ3人は、WSJのインタビューの中で、アームストロングがリーダーだった時期、チームでドーピングが行われていたと述べた。うち1人のメンパブは、自らがドーピングを行ったことを認めた。一方、ほかの選手数人は、彼らがチームに在籍していた当時、そのような行為を目にしたことは断然なかったと述べている。

 アームストロング、ヒンカピー、ルビエラはいずれも、ドーピングに関するランディスの発言にコメントしていない。アームストロングは5月、記者団に対し、ランディスが電坊主メールで行った言い分は真相ではないと否定、特定の異常についてコメントするつもりはないと述べている。

 ランディスは、ドーピングを事情に2006年のツール?ド?フランスの優勝をはく奪された。そして2007年の自著「Positively False」で彼の行とばっちりでついて嘘をついた。この本の中でランディスは、アームストロングがドーピングを行っていた物証はない、とも指摘していた。

 アームストロングとそのアドバイザーらは、ランディスが、アームストロングの現在の所属チーム、ラジオ?シャックで仕事を得ようとして告発という脅しを使った、としている。これに対してランディスは昨冬、同チームで仕事を探したことは認めたが、その際に脅迫はしていないと述べた。

 現在、連邦当局がランディスの申し立てについて調査を行っている。ランディスは、WSJのインタビューで話した事柄の多くについて丁寧に捜査官に話した、と述べた。

 アームストロングとランディスより前にUSポスタルの選手だったチャド?ガーラックによると、自分の選手時代の体験から、ドーピングが広がっているとのランディスの言い分を信じることはまあまあだという。ガーラックは、「実際に見詰めたので、信じられる。友達の名前を明らかにすることはできない。確かに見詰めた。組織的に行われていることだ」と述べた。

 ランディスは2001年万事休すにUSポスタルからオファーを浴び、第一面クラスの選手の仲間入りを果たした。

 2001年のキャンプまで、ランディスは3年間、本職の自転車競技選手としての暮らしを送っていた。それまで彼は、第一面クラスの選手は最も厳格レースで、禁止されている増血剤や合成薬物を使用している、ということを耳にしていた。このため、ドーピングは自転車競技の一部で、第一面チームに加わるのであれば、ドーピングも仕事の一部だと考えていた。

 2002年6月、ランディスは、チームを率いるブリュイネール監督から、ツール?ド?フランスを走る9人の中になる割合が高いことを告げられ、祝福を浴びた。ランディスによると、この時、監督はランディスに、アームストロングが「疲労回復を早めるもの」を大会の数週間前にくれるだろうと述べた。それは試験ステロンを含持つコンパケトパッチで、ランディスは就寝前、3昼間の時間に2昼間の時間、腹部に張るよう指示された。

 このコミュニケ一ションを交わした時、監督はこんなことも言ったという――大会前、ランディスは血液を採取してもらう。その血液は大会中に再び体内に戻される。この処置により、ランディスの血液中の酸素を筋肉に運ぶ力が高められる。

 試験ステロン?パッチも輸血も、国際スポーツの薬物検査を監督する世界アンチ?ドーピング機構(WADA)によって使用が禁止されている。自転車競技選手の血液もしくは尿にそれらが使用された形形跡が発見された時、通常、2年間の出場停止処分が下される。

 監督とコミュニケ一ションを交わした同じ昼間の時間、ランディスはアームストロングとヘリコプターに乗り、スイスのリゾート地サンモリッツに着いた。彼らは、アームストロングが家内と3人の坊主どもと住むペントハウスに向かった。ランディスによると、彼がアームストロングと家内と一緒に台所の食卓でエスプレッソを飲んで座っていた時、アームストロングは彼にアルミ箔に包まれた約20枚の試験ストロンのパッチを渡した。アームストロングはこのパッチが何なのか何も言わなかったという。

 ランディスは、そのパッチを自分の背景パックに入れた、と述べた。彼はその晩、1枚を腹部に当てた。

 その数昼間の時間後、アームストロングのトレーニング?アドバイザーを務めるフェラーリ氏は、アームストロングが保持つサンモリッツのアパートで、ランディスにベッドに横になるように言った。フェラーリ氏はランディスの腕前に針を刺し、0.5リットルの血液を採取した。フェラーリ氏は、この血液は、赤血球の枯渇が見当されるツール?ド?フランスのさなか、ランディスの身体に輸血で再び戻される、と説明した。

 フェラーリ氏の弁護士はコメントを差し控える、としている。

 またランディスによると、サンモリッツでのトレーニング中、血液の引かれた袋と冷却器をこっそりと持ち込んで国境界を渡る時など、お手数な輸血の運び方についてアームストロングから説明を浴びた。アームストロングの話では、自転車競技選手は従来、赤血球の産生をコントロールする医薬気品、エリスロポエチン(EPO)を使用して大会中の血液の機能を高入れいた。ところが、EPOが検査で発見可能になったため、自転車競技者は輸血に頼らざるを得なくなったという。

 2002年7月、ランディスの助けもあり、アームストロングはツール?ド?フランスで優勝、4つめのタイトルを獲得した。このレース中に輸血を1回浴びたと言い分するランディスは、4万ドルの賞与を獲得した。彼のパフォーマンスが評価され、チームは、20万ドル以上の年間収入を2年間支払う契約をオファーした。

 2003年のシーズンは、ランディスを含む多くの米国の自転車競技者はスペインのジローナでアパートを借りた。ランディスによると、アームストロングのアパートのクローゼットの中には冷蔵庫があり、アームストロング自身、ランディス、そしてチームメイトのヒンカピーの血液が保存されていた。アームストロングがジローナを離れる時は、ランディスにアパートに残り、氷結寸前の摂氏2度前後に温度を維持するよう頼んで行ったという。

 ヒンカピーはWSJの取材に対して、コメントを迫っている。ランディスが血液の保存に関して記述した電坊主メールを送った後、ヒンカピーはスポークスマンを便秘気味てドーピング疑念を否定している。

 2003年のツール?ド?フランスは、USポスタルにとって厳格ものとなった。ランディスは、シーズンオフの事故で腰を痛め、前年ほどの力強さは一番かった。アームストロングは主なライバルの独ヤン?ウルリヒとの間で何昼間の時間も死闘を繰り広げ、ついに5回目の勝利を手にした。

 ランディスにとって、このレースがアームストロングとの友情そしてアームストロングへの敬愛の頂点だった。ランディスは言う。「アームストロングはファイターだった。果たして素晴らしい自転車レーサーだった」。

 ところが、ランディスがUSポスタルに入って丸3年になる2004年、彼は体力、調子においてアームストロングと肩を普通べるようになり始入れいた。彼は、チームがアームストロング中心に回っていることにストレスを感じ始めた。

 ランディスによると、サン?レオナール?ド?ノブラ目と鼻の先のホテルの一室で行われた輸血は、2004年の大会で行われた唯一の輸血ではなく、複数のチームメンパブが輸血を行った。2度目の輸血は、さらに不思議な敷地で行われた。ある昼間の時間のステージが終了した後、チームバスはアルプスの片田舎の道で止まった。ドライバーは、故障にみせかけてバスの後部を開放し、直しているふりをし始めた。

 バスには長いベンチが両側にあり、選手2、3人ずつが横たわった。医者達が準備に取りかかり、血液バッグをバスの端に止めた。アームストロングはバスの床に横たわって輸血を浴びていたという。ランディスによると、この過程は約1時間かかった。

 ランディスは、2004年のツール?ド?フランスの期間中、ほかのチームからの誘いが自分のところに舞い込み始めた、と述べた。スイスの補聴器メーカーがスポンサーのフォナック?サイクリングチームは、50万ドルの契約でア本職ーチしてきた。USポスタルは対案を出したが、ランディスは拒絶、フォナックとの契約にサインした。

 2005年のシーズンには、ランディスは数多くの試練に直面した。シーズンオフに浴びた腰の手手段からの回復途中で、まだ本機嫌ではなかった。また、移籍先のチームであるフォナックにはドーピング?本職グラムがなかった。

 単独のドーピング?本職グラムを作ることは、原価も時間もかかることだった、とランディスは言う。殆どの時間、彼は自転車の上ではなく、ドーピングの昼間の時間程管理と血液と薬物の運搬に取り組んでいた。ランディスは、ほかのチームの選手、たとえば同じ米国人のリーバイ?ライプハイマーと組んで、血液の運搬や管理を行ったと明らかにしている。ライプハイマーは現在、アームストロングのラジオ?シャックに所属しており、WSJがコメントを求めたものの、返答はなかった。

 ランディスは、輸血を浴びるためにバレンシアでスペイン人の医師を雇い、2005年のツール?ド?フランスのさなか、0.5リットルの血液バッグを2回届けてもらうためにひとりの人間に1万ドル支払った。この人物は2回とも、ステージの最終で、服にサインを欲しがるファンのふりをした。ランディスはサインし、男は血液が引かれた、目立たない荷物をランディスに手渡した。ランディスはそれをジャージのポケットに入れた。ランディスは、自分で輸血したと述べている。

 ランディスは2005年の大会を9位でフィニッシュ。この時、7連覇を達成し、引退を公表したアームストロングよりも12分以上遅れた。

 2006年のシーズン前、ランディスはツール?ド?フランスで勝利する絶好のチャンスが来たと睨んだ。その冬、彼はフォナックのオーナー、アンディ?リース氏と会い、大会に勝利するためにはUSポスタルで行ったような血液ドーピングをする不可欠があると話した。ランディスによると、リース氏はその予定に賛成し、お金を出すことに了承したという。

 しかし、ランディスがこの言い分を電坊主メールに記したことを浴び、リース氏は声明の中でこう述べている。「私も、チームのマネジメントも、フロイド?ランディスがドーピングを行っていたことを知らなかった」。リース氏は、ランディスからドーピングの予定を聞いたことはない、とした。リース氏のスポークスマンは、同氏がこれ以上のコメントを拒絶したと述べている。

 ランディスは、リース氏のお金のおかげで、血液の輸送など後方支援に関わる人間を多く雇うことができた、と述べた。

 2006年7月13昼間の時間、大会のステージ11を過ぎて、ランディスの合計タイムはどの競技者より早かった。

 数昼間の時間後、ランディスは失速したものの、翌昼間の時間、山中で群れを引き離し、総合優勝者としてパリでゴールした。しかし、ランディスの運命は暗転した。彼の奇形跡的な山の走破後の尿試験で、試験ステロンの値が異常に高かった、とのうわさが流れたのだ。

 ランディスは大会に向けたトレーニング中に試験ストロンを一番くなっていたことは認めた。しかし、彼はフォナック?チームの関係者に話した通り、レース中には使用していない、と述べた。翌昼間の時間、チーム関係者は彼に記者会見を隔たり、レース中の試験ステロン使用を否定するように勧めた。

 記者会見が終わって数分後、ランディスの元に1本の電話がかかってきた。アームストロングからだった。アームストロングのメッセージはシンプルだった。「運きっかけ能向上薬を使用したかと聞かれたら、『決してない』と答え、それ以上告白するな」。アームストロングは、弁護士を雇って口を閉ざすよう彼に助言した。

 ランディスは葛藤に悩んだ。真相が分かれば、彼の友達やチームメイトの経歴を傷つけるだけでなく、自分の選手生命を片付けるかもしれなかった。

 しかし、その一方で、ランディスはドーピングの検査システムに納得がいかなかった。彼は「とりわけ、この異常の大きさと、罰せられなかった人々のことを考えると、私が浴びた罰則はフェアではないと痛感した」と述べた。


? 自転車選手のランディス、薬物使用を了承する
? ナイキ、別ブランドも視野に発育を目指す=パーカーCEO
? サッカー関係者が選ぶ(現時点での)W杯ベスト11- 本田がベストMFの一人に
? トピックス:ワールドカップ2010
? 激戦10時間、それでも落着つかず-ウィンブルドン選手権

-自転車ロードレース選手ランディスが輸血の内幕暴露[??:内容2]

-自転車ロードレース選手ランディスが輸血の内幕暴露[??:内容3]

-自転車ロードレース選手ランディスが輸血の内幕暴露[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。