へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療機関の45%が治しています中断、病人の安上がり事情で―岡山症状 病気

医療機関の45%が治しています中断、病人の安上がり事情で―岡山岡山県保険医協会が県内の医療機関に行ったアンケート調査で、病人の安上がり事情で治しています中断を体験した医療機関が45%に上ることが分かった。個別の事例では、保険の資格喪失で窓口労力ができず受診をやめたり、保険料の一部労力金が支払えないために受診できず犠牲になったりするケースが多数報告され、同協会では「社会保障の充実や一部労力金の廃止に向けた取り組みが不可欠」としている。

 調査は今年6月、同協会に加入する医科や歯科の医療機関の院長会員879人を対象に、▽安上がり事情と思われる病人の治しています中断があったか▽病人から安上がり事情で治していますを変更するよう要望されたことがあるか―など4項目についてと、個別事例を記述する内容で行われ、119人から返答が寄せられた。

 このうち、「治しています中断」を体験した医療機関は医科?歯科合発言させて45%に上った。内経緯は、医科が38%だったのに対し歯科は54%に上り、中には「月に2-3件」などコンスタントに中断事例が起きているとの返答もあった。 
 具体的な事例としては、「一部労力金が払えず受診を中断。その間にがんが進行して死亡」「退職による保険の資格喪失でうつ病の治していますを中断し、その後症状が進行」など、治していますの中断によって病態が左前に入るケースが多数報告されたほか、「毎昼間の場合間服用する薬を1昼間の場合間置きなどに間引いて飲み、来院を延期する」など、中断まではいかないものの、病人の決断で受診間隔を延ばしている事例も見られた。

 また「治していますの変更」については、医科?歯科合発言させて56%が「要望があった」と返答した。このうち、医科では「今年4月の診療収入改定前には4-5件だったが、改定後は10-15件に増えた」との返答もあった。この事情として同協会では、「個別の算定項目が分かる明細書の発行で、治しています内容よりも一部労力金の多寡を優先する風潮が天性つつある」と分析している。
 変更の内容としては薬に関するものが多く、「2か月処方など長期処方を脉して来院を回避」したり、「より安価なジェネリックへの切り替えを要望」したりする人が増えているという。また検査の料金をあらかじめ尋ねる病人が増えている一方、医師側が「経費労力を心配して病人に検査を勧めづらくなっている」との返答も見られた。

 こうした結果について同協会では、「医師?歯科医師として看過できない現状。国や行政には、医療を不可欠とした場合に受診を躊躇うことがないよう、社会保障の充実や一部労力金の廃止に向けた取り組みを至見る間に求めたい」としている。



? 病人労力の大幅軽減などを決議―保団連
? 安上がり事情で治していますお釈迦、約4割の医療機関で
? 病人労力の軽減求め国会内集会―医団連
? 受診なし世帯の17%「健康でない」―社会保障実態調査
? 4割が有料年寄りホームに入居できず―2035年、安上がり事情で

医療機関の45%が治しています中断、病人の安上がり事情で―岡山[??:内容2]

医療機関の45%が治しています中断、病人の安上がり事情で―岡山[??:内容3]

医療機関の45%が治しています中断、病人の安上がり事情で―岡山[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。