へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急車の経費を巡って価格折衝も、折衝中に2歳の病人死亡-中国症状 病気

救急車の経費を巡って価格折衝も、折衝中に2歳の病人死亡-中国昼間の時間本と相違、中国では救急車を利用するには料金がかかるが、湖南省でこのほど、救急車の出動経費を巡って価格折衝をしている間に、2歳の病人が死亡する事件が発生した。環球網が伝えた。

 報道によれば、6月19昼間の時間、湖南省懐化市に住む2歳の男の坊主が見る間に熱を出したため、両親が男児を病院へ連れていったところ、その昼間の時間の晩になって容体が悪化、より大きな病院への転院?搬送を勧められた。小児科の医師は男児の両親に対し、搬送には救急車を出動させる不可欠があり、そのためには4000元(約5万2000円)不可欠だと告げ、価格折衝はしないと断言したという。

 しかし、どれだけ資金をかき集入れも、男児の両親には3000元(約3万9000円)しか資金がなかったという。困り果てた両親は病院の院長に電話し、出動経費を2000元(約2万6000円)まで値引いてもらうことに成功した。

 だが、小児科の医師は2000原因の出動に不満を示し、「2500元」だと言って譲らなかったという。両方は30分ほど価格折衝を継続し、ようやく2200元(約2万8600円)に決定したが、男児は搬送中に死亡してしまった。

 湖南省での救急車出動に関する料金体系は、3キロメートル以内であれば10元(約130円)、3キロメートルを超えた時は1キロメートルごとに2元(約26円)が加算される。また、救急車に医者や看護師が同乗する時は、さらに別途料金が不可欠だ。

 犠牲になった男児のケースは、400キロメートル離れた大病院への搬送であったため、薬などの治しています費などを含めず、足代だけで計算すれば1610元ほどに入る。救急車をめぐる不透明な料金体制に乗じ、中国では山寨(ニセ)救急車のビジネスも存在するという。(編集担当:畠山栄)


武漢で“黒い救急車”暗躍-非正規営業、病人そっちのけ (2009/05/07)
救急車“酒酔い”で通行人を襲う-杭州で死者?南京でも事故 (2010/02/26)
78歳の女性:救急車にはねられ…亡く入る-四平市 (2009/08/31)
激怒の女が病院入口に車放置 救急車立ち往生-北京 (2009/06/19)
病気や怪我をした時に救急車を呼ぶ「以世間」の非常返事先 (2009/12/13)

救急車の経費を巡って価格折衝も、折衝中に2歳の病人死亡-中国[??:内容2]

救急車の経費を巡って価格折衝も、折衝中に2歳の病人死亡-中国[??:内容3]

救急車の経費を巡って価格折衝も、折衝中に2歳の病人死亡-中国[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。