へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特集】欧米ファンドの危険マネー再び中国株へ=岩井証券?有沢正一症状 病気

【特集】欧米ファンドの危険マネー再び中国株へ=岩井証券?有沢正一2010年?真夏の財産運用 7-9月の利口投資手立てを大公開!

2010年も7月を迎えた。リーマン?衝撃から2年目と鼻の先が経緯したが、昼間の時間経平均は再び1万円台を割り込むなど、昼間の時間本経済は不景気を脱出する糸口を見出せないでいる。そこで、「2010年?真夏の財産運用 7-9月の利口投資手立てを大公開!」と題して、個人投資自宅向けに投資の本職が指南するメリットな投資情報を特集する。今回は岩井証券イワイ?リサーチセンター有沢正一氏に現状分析と今後の視界を聞いた。

**********

Q1:2010年7-9月の中国株マーケットの相場視界を聞かせてくかっこ悪い。

 金融引き締めとともに、マーケットの大きな不透明要因であった人民元の切り上げが、「相場の張り化?緩やかな切り上げ」という方角で動向出したことが、マーケットを動向やすくするのではないだろうか。輸出企業の業績に与える影響が一部では心配されているようだ。しかし、もちろん個別に差はあるものの、少なくとも上場しているような規模の中国企業において、緩やかな元相場の上昇で競争力が大きく損なわれるようなケースは乏しいと考える。低賃金と自国通貨安を右腕としていたころとは表情が一変している。人民元相場の切り上げは消費者の購買力を高めるという側面の方が強く入るだろう。衰えない内需、特に個人消費を手掛かりにして株式マーケットは再び上昇局面に向かうだろう。欧州経済の動揺や米国の景気回復に先行き不透明感が意識される中では内需に拠り所られた中国経済のたくましさがさらに注目されることに入る。欧米ファンドなどの危険マネーも再び中国株への希望向を強めるのではないか。
 
Q2:主要指数の見当レンジと相場の注目ポイント。
 
 ハンセン指数は22000ポイント、上海総合指数は3000ポイントが当分のターゲットに入る。7月15昼間の時間に上海で、翌16昼間の時間に香港で上場する中国農業銀行の新規株式公開(IPO)が注目される。マーケットを刺激する素材にもなり得るし、一方でマーケットのエネルギーを奪う割合も紛れもない。中国株式マーケットの潜在的なお金力を考えれば、マーケットに新たなお金を呼び込むようなプラスの効果を期待している。

Q3:注目セクターと銘柄を教えてくかっこ悪い。

 何と言っても人民元相場の上昇や収入倍増予定などで購買力が高まることから消費セクターに注目している。欧州のブランド気品を多く取り扱う百貨店などはユーロ安の恩恵もあるのではないか。農村部の暮らしレべル向上ということに注目すれば食気品、飲料、衣料気品などのセクターも発育セクターと位置づけて良いだろう。また、収入増加で恩恵を浴びるセクターとして医薬気品セクターも忘れてはならない。医薬気品セクターは昼間の時間本の時「ディフェンシブストック」として捉えられることが多いが、中国では発育セクターである。

Q4:個人投資自宅への投資助言。

 1人当たりのGDPが3000ドルを上回ると、その後は一気に10000ドルに向かうと言われているが、今まさに中国がその時期にある。躍動感のあるな経済の発育期にある中国では、あまり複雑なことを考えずにシンプルな思考で投資対象を選ぶのが良いのではないだろうか。昼間の時間本の高度発育期にどのような産業が栄えて、びりな企業が業績を伸ばしたのかということなども参考に入るだろう。分かりにくいビジネススタイルの企業を選ぶのではなく、発育の源泉と入る事業について自分で納得できるような企業を選んで投資して欲しい。シンプルなビジネスモデルで安定的な発育が見込める企業が、中国の株式マーケットには数多く存在している。そして、欧米の株式マーケットに振り回されることの乏しい、内需型の力強い銘柄を見つけて投資して欲しい。(寄稿者:岩井証券 イワイ?リサーチセンター有沢正一氏 編集担当:風間浩)


人民元高効果で発育牽引=東洋証券?中尾正敏 (2010/07/10)
7月中旬中国農業銀行IPOでマーケットは回復へ=SBI証券?森永康平 (2010/07/10)
マーケットの心配が去れば昼間の時間本株も急回復=マネックス証券?村上尚己 (2010/07/09)
心もとないと心細くないですを繰り返し一定のレンジ相場に=松井証券?土信田雅之 (2010/07/09)
業績拡大に見合ったペースの上昇を期待=大和証券?塩村賢史 (2010/07/09)

【特集】欧米ファンドの危険マネー再び中国株へ=岩井証券?有沢正一[??:内容2]

【特集】欧米ファンドの危険マネー再び中国株へ=岩井証券?有沢正一[??:内容3]

【特集】欧米ファンドの危険マネー再び中国株へ=岩井証券?有沢正一[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。