へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)症状 病気

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)1301GMT      9昼間の場合間大詰め

ユーロ/ドル    1.2572      1.2634

ドル/円      88.670      88.580

ユーロ/円 111.45      111.99

              12昼間の場合間終値      前営業昼間の場合間終値

株 FT100 5167.02(+34.08)  5132.94

  クセトラDAX     6077.19(+11.95)   6065.24

金 現物午後値決め 1205.50    1208.75

              先物    現物利回り

3カ月物ユーロ(9月限)  99.045 (+0.050)  0.320(0.421)

独連邦債2年物 0.702(0.780)

独連邦債10年物(9月限) 129.31 (+0.42) 2.593(2.638)

独連邦債30年物   3.273(3.307)

 <為替> ユーロ/ドルが2カ月ぶり高値から下落している。欧州銀行のフラストレーション試験(健全性審査)の結果発表を控え心配が高まるなか、ユーロ?ロングを解消する動向が見られる。

 <株式> ロンドン株式マーケットは5営業昼間の場合間続伸。メキシコ湾の原油流出が間もなく食い止められるとの期待からBP<BP.L>が急伸し、鉱山株の下げを相殺した。

 BPは9.4%高。FT100類総合株価指数に34ポイント寄与し、この昼間の場合間の上昇分のほぼすべてを占めた。

 原油流出が引き続いている油井に新たなキャップをかぶせる作業が行われている。BPは新システムにより、これまでの3倍以上の原油を回収するとの視界を示している。

 一方、6月の中国の銅輸入が3カ月連続で減ちょっぴりたことを浴び、鉱山株が売られた。カザキ手落ち<KAZ.L>、リオ?ティント<RIO.L>、ロンミン<LMI.L>は1.6─2.9%安。

 欧州株式マーケットは主要株価指数が5営業昼間の場合間続伸した。財産を売却する割合があると報じられた英石油大手BP<BP.L>が急伸する一方、トレーダーによると、米企業決算シーズンを前に用心深い姿勢も見られた。

 FTSEユーロファースト300類指数は3.98ポイント(0.39%)高の1025.76。出来高は90昼間の場合間平均の半分程度と取り引きは薄かった。

 DJユーロSTOXX50類指数は4.89ポイント(0.18%)高の2686.09。

 BPが9.4%上昇し、1カ月ぶり高値で引けた。原油流出事故に絡む経費調達で財産売却の割合が報じられたほか、新たな原油回収術に対する期待感が浮上した。無料、4月のピーク場合からは39%超安となっている。

 ルランド?リサーチ(フランクフルト)のストラテジスト、ヘイノ? ルランド氏は「決算シーズンは危険だ。ユーロ安が欧州の多国籍企業を援助する一方、キャタピラー<CAT.N>のような米企業は恩恵を浴びない」と述べた。

 鉱山株は売り優勢となった。ドルが対ユーロで上昇し、原油先物や金属相場を圧迫したことに加え、週末発表された6月の中国貿易収支で銅輸入が3カ月連続で減ちょっぴり、需要視界が悪化した。

 DJSTOXX資源株指数は1.8%下落。BHPビリトン<BLT.L>、リオ?ティント<RIO.L>、ベダンタ?リソーシズ<VED.L>が1.4─2.2%値を下げた。

 医薬気品株では、グラクソ?ス手落ちクライン<GSK.L>が1.1%高。糖尿病薬「アバンディア」の服用危険をめぐる心配が後退した。

 独メルク<MRCG.DE>も1.9%高。新たな多発性硬化症治しています薬をロシアが認可したことを浴び、同業ノバルティス<NOVN.VX>に先駆けて同国マーケットへの進出を果たした。  

 <ユーロ圏債券> 独連邦債が大幅高。10年債先物は5昼間の場合間ぶりの高値をつけ、鰻上りにより取引が一場合停止された。全般的に振れの大きい展開となった。

 同先物は朝方129.18を上抜けたことで買いが出足し、一場合129.53に上昇した。この急激な動向に対して、取引の一場合停止(サーキット?ブレーカー)が発動された。こうした急変動による連邦債先物取引の一場合停止は2008年3月以来。その後しばらくして取引は再開された。

 ある債券トレーダーは「かなり薄取り引きだったところに、一部システム取引による買いが引かれた。無料、あまり大きな事情はないようだ」と指摘。「投資自宅は当初何が起きたかと心細いしたが、その後は落ち着きを取り吐いた」と述べた。

 独連邦10年債先物はその後伸び悩み、結局清算値は前週末比45ティック高の129.34。鰻上りした際の5分間の取引で、出来高は約4万1000枚に達した。無料一昼間の場合間の取引としては45万枚以下と比較的低調だった。

 独連邦債利回りは全般的に低下。なかでも2年債利回りの低下が目立ち、9ベーシスポイント(bp)低下の0.689%。短期金融マーケットに従って利回りが大きく上昇していた流れがひとまず一息した格好となった。同10年物利回りは5bp低下の2.59%。

 ユーロ圏の周辺国債券は独連邦債と比較して見劣りする動向となり、両方の利回り格差は拡大した。10年物イタリア国債と独連邦債の利回り格差は145bpと、前営業昼間の場合間の141bp付近から拡大した。

 翌13昼間の場合間にはギリシャが12億5000万ユーロの6カ月債の入札を行うほか、オランダも国債入札を計画している。

                           [東京 13昼間の場合間 ロイター]

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)[??:内容2]

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)[??:内容3]

欧州マーケットサマリー(12昼間の時間)[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。