へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中医協】の運用手立てを検討症状 病気

【中医協】の運用手立てを検討中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久連れ合い?学習院大経済学部教授)は7月14昼間の時間の総会で、有効性や安全性が確認された医薬気品について、薬事承認された適応とは異入る使用でも、医師の決断などに基づいて処方された時には保険支払いを同意する、いわゆる「55年通知」の運用手立てを検討することを決めた。

 「55年通知」は、当時の厚生省が、社会保険診療収入支払基金理事長あてに1980年9月3昼間の時間付で出した通知。保険診療での医薬気品の取り扱いは、厚生労働相が承認した効能?効果、用法?用量によることとされているが、通知では、薬事承認された適応とは異入る使用でも、医師の決断で薬理作用に基づいて処方された時には保険支払いを認入れいる。また、支払基金に対して「厚生大臣の承認した効能効果等を機械的に適用することによって都道府県の間においてアン均衡を来すことのないように」求入れいるが、具体的にどのようなケースで保険支払いを同意するかや、医師の裁量権をどこまで同意するかのはっきりした基準がない。

 14昼間の時間の総会では、診療側の嘉山孝正委員(国立がん探求センター理事長)が、適応世間使用の際に保険支払いを同意するかどうかの基準に都道府県でばらつきがあると指摘し、中医協による制度設計を提唱した。
 これに対し、遠藤会長は「基準を作ることはできないと思うが、保険に収載するかしないかという議論は中医協マター。異常提起や仕組みの提案は中医協でやってもいいと把握している」と述べた。支払側の白川修二委員(健康保険組合連合会常務理事)も、「議論することには異存はない」と応じた。

■新加算制度、周知活動自粛の徹底を
 また、4月の診療収入改定に伴い試行的に導入された「新薬創出?適応世間薬解消等促進加算」も主題になり、厚労省保険局の磯部総一郎薬剤管理官が、昼間の時間本製薬工業協会から「加算制度を事情に値上げを求入れいるのではないかとの指摘があるため、傘下のメーカーに対し、加算制度の周知活動を自粛するよう求めた」という返事があったと説明。

 同加算をめぐっては、診療側委員からこれまでに、加算創設によりメーカーや卸業者が値引きに慎重に入るなど、医療機関や薬局での納入値段折衝に影響が出ているとの指摘があった。

 診療側の西澤寛俊委員(全昼間の時間本病院協会会長)はこの昼間の時間の総会で、「中医協でこういう議論があっても情報が入らず、しようがないと浴び止入れいる医療機関や調剤薬局があると聞いている」と述べ、周知活動の自粛徹底を改入れ求めた。



? 多発性骨髄腫治しています薬レブラミドなどの薬価を決定
? 今年度の部門別収支調査の実施案を同意
? 「医療の能率化進む」DPC調査の最終報告を同意
? 適応世間薬の保険適用、早期議論を同意
? 次期薬価制度改革に向けた検討事項を決定

【中医協】の運用手立てを検討[??:内容2]

【中医協】の運用手立てを検討[??:内容3]

【中医協】の運用手立てを検討[??:内容4]


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書

Author:医学事典,実験医学,救急医学,症状,医学書
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。